COVID-19パンデミックの中で、在宅勤務しているマーケティング担当者の割合が非常に高いため、デジタルワークフローとプロジェクト管理ツールが輝いています。

そして、それにも理由があります。組織が夜間に分散するようになった今、これまで以上に、プロジェクト情報の1つの中心的な情報源が必要です。

「マーケティングチームは単一の真の情報源を本当に必要としています。 WrikeのシニアコーポレートコミュニケーションマネージャーであるBrad Sanzenbacherは、次のように述べています。彼らは、他のマーケティング担当者だけでなく、社内の他の人々とも協力できる場所が必要です。 「彼らが一元化されたハブで可視性を得ることができれば、彼らは来てあなたにステータスを尋ねる必要はありません、彼らはプロジェクトのステータスを把握するために会議を主催する必要はありません」と彼はDiscover MarTechでの彼のプレゼンテーションの間に言った。

Wrike、Trello、Workfront、Airtableなどのプラットフォームを経由するかどうかにかかわらず、パンデミック時に自宅で作業しているマーケティング担当者は、これらのプロジェクト管理ツールが不確かな時期に安心を提供することに気づいています。

実際、NewsCredによる最近の調査では、プロジェクトまたはワークフロー管理ソフトウェアプラットフォームを使用していたマーケティング担当者は、プロジェクト管理プラットフォームを使用していない人と比較して、主要な課題としてスタッフの再編成や優先順位の変更などをリストする可能性がほぼ30%低いことがわかりました。 NewsCredは、プロジェクトおよびワークフロー管理のための多くの機能を誇るコンテンツマーケティングプラットフォームです。

関連: プロジェクト管理プラットフォームのガイド

マーケティングとしてSEO対策 福岡という事象が大事なポイントとなる

NewsCredの最高マーケティング責任者であるMatt Malangaは、 Discover MarTechセッションで 、「ベンダーや他の非従業員をリモートで管理することは、これらのツールを使用しない同業他社に比べてそれほど難しくありませんでした」と述べました。 「もちろん、マーケティング資産の発見と活用もそれほど難しくありませんでした。」

そして優先順位は確かに変化しています。マランガは、NewsCredが回答者の半数以上がこれらの変化が重大な課題を引き起こしていると主張したことを発見したと述べました。一方、48%は、これらの流動的な計画を可視化することも課題であると述べました。

これらがどのように役立つか

これらのプラットフォームの利点の1つは、チームが異種プロセスである可能性のあるものを取り、それらを合理化できるようにする方法です。これには、プロジェクトの要件フェーズから承認、実行のさまざまな段階の追跡、最終的にはレポートまで、すべてが含まれます。

「マーケティング担当者にとっての最大の課題は、これをどのようにして実現するかです。マーケティング予算は、生産する必要のある資産の数や、マーケティングに必要なチャネルの数に対して必ずしも指数関数的に増加するわけではありません」とSanzenbacherは述べました。 。

もちろん、ほとんどのプロジェクト管理プラットフォームは要素をカンバンボードのようなものに編成します。これは、マーケティングアプローチですでにアジャイルを使用しているチームにとってはるかに直感的です。

しかし、これまで見てきたように、その加速はすでに進行中です。 AprimoとAgileSherpaのレポートによると、最近の調査で質問したマーケティング担当者のほぼ41%が現在アジャイルを使用しており、非ユーザーの42%がそれを採用する予定であると述べています。

在宅の労働力、アジャイルの採用の増加、および戦略において主要なピボットを行う組織により、これらのタイプのプラットフォームの必要性は継続する可能性があります。

「アメリカ人および米国経済に対するCOVID-19の影響は、エンタープライズワークフローおよびプロジェクト管理ソリューションへの関心をさらに高めると期待しています」と、Third Door Mediaのリサーチディレクターであり、 プロジェクト管理に関する最近のバイヤーズガイドの著者であるPamela Parkerは述べています。ソフトウェア

「コラボレーションとファイル共有に加えて、透明性と説明責任が提供されるため、マーケティング担当者(およびCレベルの幹部)が、従業員が自宅にいるかオフィスにいるかに関係なくプロジェクトを順調に進めるのに役立つすべての機能です。」


著者について

Henry Powderlyは、サードドアメディアのコンテンツ担当バイスプレジデントであり、サーチエンジンランド、マーケティングランド、マーテックトゥデイの発行元です。 10年以上の編集リーダーの地位にある彼は、組織のコンテンツ戦略とイベントプログラミングを担当しています。