PubMaticは、Prebid User IDモジュールの一部として新しいIdentity Hubをリリースしました。エンタープライズID管理ソリューションにより、パブリッシャーは広告インプレッションごとに複数のIDを管理できるようになり、広告主が意図したオーディエンスを認識して入札できるようになります。

新しく立ち上げられたIdentity Hubは、IAB DigiTrust、The Trade Desk Unified ID、ID5、LiveIntentなど5つの主要なIDソリューションを含むPubMaticのPrebid User IDモジュールの既存のパートナーと直接統合します。この統合は、各パートナーIDプラットフォームの増分値を測定するための組み込みの分析機能も提供します。

なぜ気にするのか

GDPRや現在のCCPAなどのプライバシー規制に直面して、サードパーティのCookieが過去のものになっているため、パブリッシャーは広告主とターゲットオーディエンスを結び付ける新しい方法を見つける必要があります。

マーケティングとしてSEO対策 福岡という事象が大事なポイントとなる

「Prebidのオープンソースコードを拡張することにより、PubMaticのIdentity Hubは、直感的で管理しやすいソリューションで複数のIDの使用を簡素化することでこの課題に対処します」と、PubMaticの製品管理Ankur Srivastavaディレクターは述べています。

PubMaticのIdentity Hubは、プログラマティック広告キャンペーンを実施する際に、広告主が希望するオーディエンスを認識して入札できるようにすることで、パブリッシャーの収益化能力を高めることを目指しています。

ニュースの詳細

  • PubMaticのIdentity Hubは、広告技術会社のPrebid-firstラッパーソリューションであるOpenWrapと事前に統合されているか、他のヘッダー入札ラッパーを使用するパブリッシャーのスタンドアロンソリューションとして使用できます。
  • 同社は、プラットフォーム内でパートナーIDソリューションを管理および構成する際の開発者の必要性を排除する、Identity Hubの「直感的なUI」を誇っています。
  • PubMaticによると、出版社は「わずかなクリック」で月曜日からツールを有効化できます。

著者について

Amy GesenhuesはThird Door Mediaのシニアエディターであり、Marketing Land、Search Engine Land、MarTech Todayの最新ニュースと更新をカバーしています。 2009年から2012年まで、彼女はニューヨークからテキサスまでの多くの日刊新聞で賞を受賞したシンジケートコラムニストでした。 10年以上のマーケティング管理の経験を持つ彼女は、MarketingProfs、SoftwareCEO、Sales and Marketing Management Magazineなど、さまざまな従来の出版物やオンライン出版物に貢献しています。エイミーの記事をもっと読む。