ウェビナーやその他の仮想イベントに焦点を当てたデジタルエクスペリエンスプラットフォームであるON24は、特に2020年の第2四半期と第3四半期に、力強い成長を背景に新規株式公開を申請しました。ニューヨーク証券取引所に「ONTF」として上場する予定です。 」

ON24の共同創設者兼社長兼CEOのSharatSharanは、2020年9月のインタビューで、次のように述べています。「顧客エンゲージメントが基本的にオンラインに移行したことを理解するのはロケット科学ではありません。私たちは皆、物理的なイベントが戻ってくるのを楽しみにしていますが、オンラインの顧客エンゲージメントが増える傾向が加速しており、それは今後も続くでしょう。可逆的な傾向ではないと思います。」

ON24の事業。 ON24の顧客への提案の中核は、投票、調査、その他の機能を使用して、ウェビナーなどのイベント中のエンゲージメントに関する詳細なデータを収集する機能です。同社はこのサービスの見通しの中で、 「インタラクティブなウェビナーエクスペリエンス、仮想イベントエクスペリエンス、マルチメディアコンテンツエクスペリエンスを通じて、企業が顧客エンゲージメントを収益に変換できる、最先端のクラウドベースのデジタルエクスペリエンスプラットフォームを提供しています」と述べています。

マーケティングとしてSEO対策 福岡という事象が大事なポイントとなる

ON24は、マーテック標準によるベテランベンダーであり、1998年にNews Directという名前でストリーミングビデオプラットフォームとして作成され、2003年にウェビナープラットフォームになりました。数年間、イベントをホストする機能の収益化を目指していましたが、2013年に立ち上げました。主要な世代をサポートするデータレイヤーを特徴とするセルフサービスのウェビナー製品。

損失を好転させる。最近の四半期における会社の成長は、純損失の期間が先行していました。目論見書は、2018年と2019年にそれぞれ17.6百万ドルと1750万ドルの純損失を報告しています。 2019年9月30日までの9か月間、目論見書は1,410万ドルの純損失を報告しています。しかし、2020年の同時期の純利益は、1120万ドルでした。

ON24は最近、新しいCMOであるSteve Dahebを任命しました。その履歴書には、Oracle CloudのSVPとして約6年間、CitrixとSymantecのトップマーケティングの役割が含まれています。また、昨年11月には、収益を生み出すB2B技術スタックの補完的なコンポーネントを提供するベンダーをフィーチャーしたRevNEXTマーケットプレイスを立ち上げました。参加者には、Bombora、Demandbase、Drift、Integrate、LeanData、6senseが含まれます。

なぜ気にするのか。 ON24は、仮想イベントスペースで注目を集めているベンダーであり、このIPOのタイミングは理にかなっています。目論見書は、会社の帆の風に寄与する背景の傾向を正しく識別します。

「大規模なパーソナライズされたインタラクティブなデジタル顧客エンゲージメントは、新しい必須事項です。コンテンツの民主化により、見込み客は自己教育を行うようになりました。従来の自動化されたマーケティングアプローチはますます効果がありません。データプライバシー要件により、自動デジタルマーケティングが制約されています。」

このストーリーは、MarTechTodayに最初に登場しました。


著者について

キム・デイビスは、MarTechTodayの編集ディレクターです。キムはロンドンで生まれましたが、20年以上ニューヨーカーであり、10年前にエンタープライズソフトウェアの取材を始めました。彼の経験には、企業向けのSaaS、デジタル広告データ主導の都市計画、およびマーケティング分野でのSaaS、デジタルテクノロジー、データのアプリケーションが含まれます。彼は最初に、専用のマーケティング技術WebサイトであるHaymarketのThe Hubの編集者としてマーケティング技術について書き、その後、確立されたダイレクトマーケティングブランドDMNのチャネルになりました。キムは2016年にシニアエディターとしてDMNに加わり、エグゼクティブエディターになり、2020年1月まで編集長を務めました。テックジャーナリズムに従事する前は、ニューヨークタイムズのハイパーローカルニュースでアソシエイトエディターを務めていました。サイト、The Local:East Villageで、以前は学術出版物の編集者として、また音楽ジャーナリストとして働いていました。彼は個人的なブログのために何百ものニューヨークのレストランのレビューを書き、Eaterに時折ゲスト寄稿してきました。