仮想イベントプラットフォームのHopinは先週、ライブストリーミングスタジオStreamyardを2億5000万ドルで買収しました。この動きは、仮想イベントスペースでの統合を表しています。

2つの新興企業が結合します。英国で設立され、ロンドンを拠点とするHopinは、まだ2年前の統計であり、イベント主催者に「対面でのイベント体験を可能な限り忠実に再現する機能をオンラインですべて1か所で再現する機能」を使命としています。 」

オレゴンを拠点とし、購入者より1年古いStreamyardは、Facebook、YouTube、LinkedIn、およびその他のプラットフォームに直接ストリーミングできるブラウザベースのライブストリーミングスタジオです。

本格的な会議のためのプラットフォーム。たとえば、Zoomとは異なり、Hopinは、会議だけでなく、チケットと登録、小会議グループと会議、博覧会エリアなどの小グループ会議にも適した機能を提供します。

Hopinは先月、対面イベント用に開発されたモバイルイベントアプリTopiを買収しました。

マーケティングとしてSEO対策 福岡という事象が大事なポイントとなる

オールインワンv。ベストオブブリード。 Hopinは、事実上、大勢の聴衆のために仮想会議を主催するために必要なすべての機能を備えた仮想イベント会場を提供することを目指しています。これは、昨年のMarTechカンファレンスでThird DoorMediaのSVPマーケティングおよびテクノロジーであるMarcSirkinが説明した最善のアプローチに代わるものです。

「市場にあるものと以前に使用したものを見て、それを成功のための要件にマッピングしたとき、これをより低コストで多くのことができることが明らかになりました。 [組み立てによる]より柔軟性の高い最高のコンポーネントと要素—たとえば、Streamyardを介してVimeoにストリーミングしています…」

なぜ気にするのか。マーテックスタック全体で数年間展開されてきた仮想イベントスタックについても同じ議論が行われています。オールインワンのプラグアンドプレイパッケージと、高度にカスタマイズされた専用のスタックです。議論のどちらの側が支持されても、今年は仮想イベントスペースの統合が進む可能性が高いようです。

Growth MarketingConferenceのCEOであるSirkinとVasilAzarovは、MarTechLiveのエピソードでこのトピックについて議論しました。

このストーリーは、MarTechTodayに最初に登場しました。


著者について

キム・デイビスは、MarTechTodayの編集ディレクターです。キムはロンドンで生まれましたが、20年以上ニューヨーカーであり、10年前にエンタープライズソフトウェアの取材を始めました。彼の経験には、企業向けのSaaS、デジタル広告データ主導の都市計画、およびマーケティング分野でのSaaS、デジタルテクノロジー、データのアプリケーションが含まれます。彼は最初に、専用のマーケティング技術WebサイトであるHaymarket's The Hubの編集者としてマーケティング技術について書き、その後、確立されたダイレクトマーケティングブランドDMNのチャネルになりました。キムは2016年にシニアエディターとしてDMNに加わり、エグゼクティブエディターになり、2020年1月まで編集長を務めました。テックジャーナリズムに従事する前は、ニューヨークタイムズのハイパーローカルニュースでアソシエイトエディターを務めていました。サイト、The Local:East Villageで、以前は学術出版物の編集者として、また音楽ジャーナリストとして働いていました。彼は個人的なブログのために何百ものニューヨークのレストランのレビューを書き、Eaterに時折ゲスト寄稿してきました。