「テクノロジーの一部を見る前に、プロセスを開始することが非常に重要です。」 The CodifiedDAMコンサルタントの創設者であるMarkDaveyからのデジタル資産管理の開始に関するアドバイス。

彼はMarTechLiveの最近のエピソードで、DAMの旅を正しい方法で始めることについて話していました。データモデルと情報アーキテクチャは正しい必要があります—または可能な限り正しい必要があります。「これは反復的なプロセスです」と彼は言いました。「草刈りのように。あなたはそれをやり続け、それを洗練し続け、それらを機能させるために人々、プロセス、そしてシステムを見続けなければなりません。

司書を呼びます。デイビー氏によると、図書館員向けのエンタープライズDAMシステムには役割があります。 「図書館員についてのことは、彼らは少し教師のように、理解できる方法で知識を共有するのが大好きだということです。悲しいことに、分類学と語彙の仕事をしている図書館員は十分ではありません。彼らは最終的にキーワードタガーになる傾向があります。キーワードはこれの重要な部分ですが、私たちは情報、知識、そして誰もが理解できる形式で配布される情報について話し、そしてその知識を使用して厳選された体験を提供します。

「私にとっては、図書館員と情報アーキテクトは必需品です」と彼は続けました。

マーケティングとしてSEO対策 福岡という事象が大事なポイントとなる

MarTechLiveの2020年のエピソードをすべてここでご覧ください。

ベストプラクティス。 Daveyは、開始するためのベストプラクティスについて話し続けました。 「ステップ1は、人、プロセス、情報、システムを使用したギャップ分析です。あなたの人々はどこにいますか?あなたの人々の技術的能力は何ですか? [あなたのDAM]はアドホックですか、それは初期ですか、それは形成的ですか、それは運用可能ですか、それは最適ですか?それについて自己評価を行うことができます。」

Daveyは、過去に関与したDAM成熟度モデルについて言及しました。 「それはあなたがそのスペクトルのどこにいるかを測るのに役立ちます。」

エンタープライズコンサルタントとして、彼は問題点を特定しようとしています。 「彼らはどのくらいの期間コンテンツを検索し、いくつの異なるシステムを使用する必要があり、どれほどイライラしていて、いつそれを代理店に提供するのですか?」このような指標は、DAM投資のROIを理解するための基礎を形成できます。

Daveyのコンサルタントは最近、大規模な製薬組織の評価を実施しました。この評価では、コンテンツのライフサイクルのギャップについて、ビジネスのギャップについて約12,000人を調査しました。評価とギャップ分析の後に、リソース監査が行われます。「コンテンツのライフサイクルで有効なツール、システム、およびプロセスの数。同時に、データモデルに関するガバナンスについて考え始めています。次に、ユースケースシナリオの構築を開始します。」ベンダーがユースケースシナリオで特定された要件を満たすことができない場合、「彼らは長い道のりであなたを助けるつもりはありません」。

なぜ気にするのか。すべてのマーケティングは本質的にコンテンツマーケティングであり、コンテンツ資産(今日では主にデジタル資産を意味します)が効果的に管理されていないと、コンテンツマーケティングを効率的に行うことはできません。

このストーリーは、MarTechTodayに最初に登場しました。


著者について

キム・デイビスは、MarTechTodayの編集ディレクターです。キムはロンドンで生まれましたが、20年以上ニューヨーカーであり、10年前にエンタープライズソフトウェアの取材を始めました。彼の経験には、エンタープライズ向けのSaaS、デジタル広告データ主導の都市計画、SaaSのアプリケーション、デジタルテクノロジー、マーケティングスペースでのデータが含まれます。彼は最初に、専用のマーケティング技術WebサイトであるHaymarket's The Hubの編集者としてマーケティング技術について書き、その後、確立されたダイレクトマーケティングブランドDMNのチャネルになりました。キムは2016年にシニアエディターとしてDMNに加わり、エグゼクティブエディターになり、2020年1月まで編集長を務めました。ハイテクジャーナリズムに従事する前は、ニューヨークタイムズのハイパーローカルニュースでアソシエイトエディターを務めていました。サイト、The Local:East Villageで、以前は学術出版物の編集者として、また音楽ジャーナリストとして働いていました。彼は個人的なブログのために何百ものニューヨークのレストランのレビューを書き、Eaterに時折ゲスト寄稿してきました。