Microsoft Advertising月曜日、Integral Ad Science(IAS)と提携して、Microsoft AudienceNetworkで実行されるネイティブ広告のブランド安全性検証を提供すると発表しました。

Microsoft Audience Networkには、MSN、Outlook.com、Microsoft Edgeブラウザーなど、Microsoftが所有および運営するサイトの広告枠と、パートナーのプロパティが含まれます。広告主は、LinkedInの専門家データを含むMicrosoftオーディエンスグラフのデータを使用して広告をターゲティングできます。 IAS統合は組み込まれており、ネットワーク全体に自動的に適用され、広告主はそれに対して完全に請求されることはありません。

使い方。これは入札前の統合であり、広告オークションの前に在庫が評価されることを意味します。この場合、IASは、Microsoft Audience Network全体のページをスキャン、評価、および評価してリスクを検出します。リスクは、IASの標準的なコンテンツカテゴリのセット(成人、アルコール、ギャンブル、悪意のある表現、違法なダウンロード、違法薬物、不快な言葉や物議を醸すコンテンツ、暴力)に割り当てられます。ページコンテンツが中程度または高リスクと見なされる場合、Microsoft AudienceNetworkの広告枠から除外されます。

マーケティングとしてSEO対策 福岡という事象が大事なポイントとなる

統合は米国で開始される予定です。 IASは、Google、Facebook、Nielsen、Taboola、TradeDeskなど、4,000以上のサイト運営者、広告主、広告技術ベンダーと協力しています。

なぜ気にするのか。プログラマティック広告の成長に伴い、規模とブランドの安全性のバランスを見つけることは、ここ数年、広告主の最大の関心事でした。特に、2017年に、YouTube過激派の動画と一緒にブランド広告が掲載され、最近ではStop HateForが見つかりました。 Facebook広告の利益ボイコット

マイクロソフトは、初日からオーディエンスネットワークでのブランドの安全性を強調してきました。ただし、サードパーティのオーディエンス検証会社と提携して、リスクが中程度または高いと見なされるページのオーディエンスネットワーク広告を先制的にブロックするというこの動きは、ブランドの安全性が優先されているという強いシグナルを広告主に送信します。トレードオフは、規模にいくらかの影響を与える可能性があり、リスクが低いと見なされるページのCPMが高くなる可能性があります。

関連:

この物語は最初に検索エンジンランドに登場しました。

https://searchengineland.com/microsoft-advertising-adds-brand-safety-with-ias-partnership-341186


著者について

Ginny Marvinは、Third Door Mediaの編集長であり、すべての出版物で日々の編集業務を行っており、有料メディアの報道を監督しています。 Ginny Marvinは、検索エンジンランド、マーケティングランド、MarTechTodayの有料デジタル広告と分析のニュースとトレンドについて書いています。 15年以上のマーケティング経験を持つGinnyは、社内および代理店の両方の管理職を歴任してきました。彼女はTwitterで@ginnymarvinとして見つけることができます。